ブログ

オフィスでのパソコンに対する電磁波対策

姫路市を中心に、たつの市、太子町など、播磨方面の住宅・店舗の新築やリフォーム・リノベーション

そしてオールアース住宅(電磁波抑制住宅)を手掛けていますN-STYLE 株式会社です

ドローン撮影もおこなっています

お店やお家の除菌・抗菌も承っております

 

電磁波測定士 はなちゃんです😊

 

仕事に欠かせないパソコンからは、常時電磁波が出ています。

パソコンは長い時間使い、直接体に触れ続けるものです。パソコンから発生する電場は、マウスやキーボードなどを通して常に身体の表面を覆っています。また、パソコンだけでなく足元やデスク周辺の電源コードやタップからも同じように電場が発生し身体へと集まってきます。

対策は簡単です。アースをすることで電場を抑制できますが、オフィスの電磁波測定や対策をする際によく目にするのが、せっかくオフィスにアース付(接地極付)コンセントが来ているのに、活かせていないという現状があります。

デスクトップパソコンの電源プラグは3ピン(1本がアース)になっていますので、オフィスのコンセントが三つ穴(一つがアース)であればそのまま差しこめばアースになり電場は発生しません。しかし、古くから2ピンに慣れているせいか、わざわざ2ピン変換プラグを使って差し込んでいる方が多いのです。せっかくアースできる環境にあるにも関わらずもったいない限りです。

家庭内で3ピンのさせる三つ穴コンセントがあるケースはまだまだ少ないですが、オフィスではかなりの確率であると思いますので、皆さんも仕事場のコンセント形状やパソコンの接続状況を一度確認してみてください。

OAタップを利用する場合も要注意!

少し大きなオフィスになると、壁面のコンセントまで届かないですし、配線が邪魔になるので、机の間や下などでOAタップにパソコンなどの電源を差し込まれている方も多いと思います。このOAタップの差し込み口も三つ穴であれば、デスクトップパソコンの3ピン電源プラグがそのまま差しこめます。これも、わざわざ2ピン変換プラグを使用している方がほんとに多いので一度確認してみてください。

しかし、OAタップの場合は一つ注意が必要です。デスクトップパソコンの3ピン電源プラグを三つ穴OAタップに差し込んだからと安心していても、そのOAタップの電源プラグ側が建物の三つ穴コンセントに差し込まれていなければ意味がないのです。

例えば、三つ穴OAタップに3ピン電源プラグを差し込んだけれども、OAタップの電源側は、2ピン変換プラグを使用して壁面コンセントに差してあった場合などです。これでは電場は抑制できません。また、もともと建物が2ピンのコンセントの場合はアースが来ていませんから、いくら機器との間に三つ穴OAタップを使用しても意味はありません。

ですからOAタップをご使用の場合はOAタップへのパソコンの接続状況と、そのタップの電源プラグ側のコンセントへの接続状況をチェックする必要があります。せっかっくの環境を活かせていないケースも多いので是非チェックしてみてください。

ご不明点、対策相談をご希望の皆さまは、ぜひ電磁波測定士にご相談ください。

オフィス環境の電磁波対策に最適な商品


~~気になるご自宅や職場などの電磁波環境が知りたい!~~

 

帯電は交感神経を過剰に刺激し、筋肉、血管が収縮します。

その為、血流が悪くなり、『冷え』はもちろん、酸素や栄養が十分に届けられず、『肩こり』『頭痛』『慢性疲労』等、様々な症状に繋がっていることを指摘されています。

リビングなどのくつろぎ空間、2階のお子さまの部屋、寝室など、どの程度の電磁波に晒されているのか調べてみませんか?

数値がわかるだけではなく、その場で、どの様な電磁波対策ができるかアドバイスをさせて頂きます。

電磁波環境を測定しながら、ご予算の範囲内で可能な対策について一緒に考えます。

ぜひご相談下さい(^^♪

 

🏠電磁波対策リフォームやオールアース住宅などのご相談も受け付けています🙌

 

―――出張電磁波測定 12,000円(税別)―――

 

ご相談、ご質問などお気軽に当店へお声がけ下さい。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
N-STYLE姫路店
〒672-8045

兵庫県姫路市飾磨区中野田1丁目49

フリーダイヤル:0120-641-146

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

Posted on 2021年8月4日 by nstylehana Categories スタッフプライベートブログ

←前のページへ戻る